式正織部流「茶の湯」の世界

式正織部流は古田織部が創始した武家茶を伝えている流派で、千葉県の無形文化財に指定されています。「侘茶」とは一味違う当流の「茶の湯」を、武家茶が生まれた歴史的背景を中心軸に据えて取り上げます。式正織部流では「清潔第一」を旨とし、茶碗は必ず茶碗台に載せ、一人一碗をもってお客様を遇し、礼を尽くします。回し飲みは絶対にしません。

2020-06-09から1日間の記事一覧

18 室礼の歴史(3) 禅の影響

寝殿造と言っても色々あって、太政大臣の大豪邸から地方受領の屋敷まで、規模も配置も形も千差万別だったとか。それが、鎌倉時代に大鋸(おおが)が出来て製材が容易になり、鑿が出来て溝が簡単に彫れるようになると、嵌め殺しの障子(襖・板戸などを含む)だっ…